自分のまつ毛は大切にしましょう!まつ毛の太さや量、長さに満足していても、いつ自分のまつ毛が減ってしまうかわかりません!まつ毛をもっと伸ばしたい方、このままをキープしたい方も当サイトでまつ毛のケアについて勉強しましょう!

笑っている女性
更新履歴
肌がきれいな女性

親から子に遺伝する特徴は様々ですが、まつ毛も遺伝する可能性があると言われています。
親のどちらか一方あるいは二人とも長ければ子供も長くなることがありますし、反対に短い遺伝子があれば子供も短くなってしまいます。
しかしながら科学的に立証がされている訳ではありませんので、仮にまつ毛の長い遺伝子を引き継いだとしても、それがどのような形で表現されるのかは一概に言うことはできないのです。
そしてまつ毛は色々な原因によって長さが違ってくる存在でもあります。
例えば生活習慣が乱れていると毛の成長サイクルである毛周期が乱れてしまい長く育ち難くなってしまうことも。
また、多くの女性が行うアイメイクもまつ毛を短くしてしまう原因のひとつです。
ビューラーで無理に引っ張ってしまうと毛根に負担が掛かって育ち難くなりますし、アイラインやアイシャドーによって毛穴が塞がれてしまい、それが原因で成長が滞り易くなることもあるのです。
つまり遺伝的な要因によってまつ毛は変化する可能性があるものの、しかし日頃の生活によって短くなってしまうこともありますので、遺伝を気にし過ぎたり、また遺伝だからと諦めてしまうのではなく、きちんとケアをしていくようにした方が良いでしょう。
短いまつ毛だろうと工夫次第で伸ばすこともできます。
例えばまつ毛用の育毛剤がありますが、物によっては医薬品成分が配合されており、実際にまつ毛を伸ばす作用があることも確認されています。
さらには密度を濃く見せる作用もありますので、たとえ生まれつき短かったりボリュームが少ない状態でも改善できる可能性があるのです。
後からいくらでもボリュームは変化しますので、改善したい時には対策を講じてみるのが良いと言えます。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索